「第5回にじいろ小町オフ アセクシャル・ノンセクシャル交流会」へ行ってきたよ(病院情報有り)

IMG_5174

本日15時からにじいろ小町さん主催で開催の「アセクシャル・ノンセクシャル交流会」へ行ってきました。私にとっては初めての「アセク・ノンセクの方とリアルでお会いする機会」となりました。

にじいろ小町って?

東京は吉祥寺にある、LGBTs支援を掲げるセレクトショップ・ギャラリーです。私も何度かお邪魔してレインボーグッズ等を購入したことがあります。とっても素敵なお店なのです。

IMG_5175

Aセク・ノンセクの人と話せる機会ってレア

単純にお会いすることがなかった、というだけの話なのですが。リアルで関わりを持つことがほとんど無かったので、それだけで新鮮でした。また、非当事者の方が興味を持って参加してくれているのも、純粋に嬉しかったです。

今回は純粋な「交流会」だったので、予めいくつかテーマは設けられていたものの、基本的にフリートークでした。当事者・非当事者・ノンセク・Aセク含め色々な人とお話出来ましたが、やっぱりいちばん多かったのは

否定されたくない……

という声だったように思います。

個人的に一番印象的だったのは、「ノンセクやAセクが許容される社会を目指すのではなくて、全ての多様性が容認される社会を目指したい」という言葉でした。

何かひとつ大きな目標に向かって邁進しているときは、ついそれ以外のものや人を疎かにしてしまいがちになります。これから先も強く胸に刻みたいなと思いました。

Aセク関係に詳しいカウンセラーの方がいるんだって

以前からほそぼそと「Aセク・ノンセクで悩んでいる人が安心して行ける病院のリストを作りたいなあ……」というようなことを言っていたのですが、今日ある方からひとつ情報を頂いたので掲載します。

思ってもみなかった収穫があるのもオフ会のよいところだなーと思う次第であります。

佐々木掌子先生(主婦会館クリニック

原則として、当クリニックの医師が担当した人の中で、カウンセリングを希望される方を担当しています。特に性障害(セックスレスなど)や性同一性障害に対応しています。性同一性障害はホルモン治療などの身体治療に対する意見書(オピニオン)などもお書きします。専門機関を利用してじっくり悩みに取り組むのも、上手な悩み方だと思います。医師と協力し、心とからだ両方に目を配っていきます。
引用:主婦会館クリニック

説明を見る限り、既にクリニックのお医者様にかかっていて、その上でカウンセリングを希望した人が対象のようです。また、基本的にアセクシャルか否かの「診断」に関しては、二十歳以上の方を対象に行われているそうです。

診断を必要とされる方、あるいはアセクシャル・ノンセクシャル関係の事柄で相談したいけれどどこに行けばわからない……という人はいちど問い合わせてみてはいかがでしょうか。

(私個人としては、セクシャリティは「自認」するものであって他者から決めてもらうものではないと思っているのですが、悩まれていて誰かから考えの基礎となるようなアドバイスを貰いたい……という人にとっては良いかもしれません。)

2015.8.31追記
この記事を読んで病院側に問い合わせてくださった方がいるのですが、こちらのクリニックでは性的指向の「診断」は行っていないようです。患者の性的指向について断言したり薬物治療を勧めるといったこともないとのことでした。

他にもアセクシャルに関する論文の所在等々、かなりお役立ちな情報を教えていただいたので、そちらの方も読み次第詳細を報告します。